いつもご訪問、ありがとうございます。



さて



犬にチョコレートはNG?


=====
犬にチョコ
=====

犬に与えてはいけない食材として

チョコレートは

かなり有名ですよね?

犬を飼っている方で知らない方は

殆どいないんじゃないかな?と思います。


では、このチョコレートの一体何が、犬に危険なのでしょうか


それは、


チョコレートの中に含まれるテオブロミン

このテオブロミンはカカオに含まれている

アルカロイドの一種

苦み成分ともいわれています。


そして、このテオブロミンが犬の中枢神経を刺激することにより

興奮を促します。


そ!


チョコ喰って興奮!



コーヒーに含まれているカフェインも同様

コーヒーを飲んで、目が冴えるのはそういったわけです。



人にとって、適度な摂取量なら疲労回復効果も期待できるもの


ですが、

犬にとっては危険といわれています。



では、いったい犬にどのくらいチョコレートを与えたら

危険なのでしょうか?




犬 100~200mg/体重kg
とも
  125~500mg/体重kg
とも、いわれているようで、誤差がかなりありそうです。

そこで、感受性の強い犬を例にして、計算してみましょう。

体重1kgの犬に100mgのテオブロミン摂取で危険とした場合

ガーナミルクチョコ(チョコの中でも含有量の少ないもの)
のテオブロミン含有量から計算すると、

120mg/50g

体重1kgの犬に ガーナミルクチョコ 板チョコ約一枚(約45g) で、危険という事になります。


では、もう少しテオブロミン含有量の高いチョコに換算してみましょう。


ダークチョコ 504mg/100g=1kgの犬→20gのダークチョコを食べた場合
危険かもしれない、ということになります。

ココアの粉などは、テオブロミンの含有量は最も多いということで

2714mg/100g=1kgの犬→3.6845983gのココアの粉を舐めたら危険
という計算になります。

※体重1kgの犬に、3gのバンホーテ〇とかくと分かりやすいかな?


この数字に愛犬の体重をかければ、おおよその摂取してはいけない数値がでるはずですね。



30kgの犬でしたらテオブロミン3000mgの含有量=ダークチョコを600g
または、ミルクチョコ 240mg/100g=12.5倍=3000mg/1250g=1.25kg
ココアの粉ですと、2714mg/100g=1.1053795倍=110g

こうして考えると

何をどれだけ摂取したら大まかな危険度が判ると思います。

キッチンにチョコレートの保有率が断然高い2月

間違って、盗み食いすることもあると思います。


先ず、チョコレートなどはきちんとしまっておくことが先決

チョコレートの調理中はハウスに隔離することも、

事故を未然に防ぐポイントではないでしょうか?


さて

このテオブロミンも、摂取後2~4時間が最も症状が現れやすく、半減期は17.5時間。

初期症状
嘔吐・下痢・そわそわ・排尿・
時間と共に
硬直・興奮・発作・などの神経症状


死亡事故の多いのは12~36時間ということです。



事故を起こさないためには、

やはり、

手の届く マズルの届く場所には置かないこと

当然、おすそ分けもしない事

幼児などの手の中のお菓子にも注意すること

テーブルの上に置きっぱなし

等ではないでしょうか?








不慮の事故などで、突然お別れすることなどないように

したいものですね(#^.^#)



ではまた明日。。。。。