いつもご訪問、ありがとうございます(o^-^o)

ラブラドールのごはん研究家の、ロンのおかぁこと神山惠子です。



さて、

今日は以前UPした記事にメッセージをいただきましたので

加筆してみたいと思います。


===
体に悪いのは小豆じゃなくて糖分?
===



小豆が体に良いということは、以前お伝えいたしました。

=====
小豆の効能
=====

◆食物繊維→肌荒れ、便秘に有効
◆浮腫み
◆余分な熱を取る
◆毒素を分解してうみを出す→吹き出物、腫れ物




image




一月に鏡開きをした時のものです。

左が犬用お汁粉

味付けする前に取り分けて、茹でた鏡餅を入れました


image


※お口の大きさと、飲み込む力を考えながら、注意して与えてね。

image






では、本当に

======
糖分は犬に与えてはいけない?
======

のでしょうか?


確かに糖分、糖質は、エネルギーになります。

お芋やお米、穀類のような炭水化物もエネルギーになります。

人間界では、脳にお砂糖、なんてこともいわれています。


では、犬にもお砂糖は必要なのでしょうか?


お砂糖のような糖分も、吸収されれば糖質の役割を果たします。

お砂糖も活動に必要なエネルギーになります。

しかし、多すぎる糖分は、身体に蓄積され、

肥満に繋がるという問題も出てくるのではないでしょうか?




ところで、犬は甘味を感じるのだそうです。

甘いものを美味しいと感じるのは犬も同じようです。


だからといって、毎日甘いお菓子や、多すぎる糖分、

甘味になれてしまい、甘くないと美味しくないと感じてしまったら

食べてもらえなくなりませんか?


そのような問題に発展しても困ってしまうので

やはり、多すぎる糖分は避けた方が良いと思うのは

私だけではないはず。



消費しきれなかったカロリーは、

犬も同様、身体に蓄えてしまいます。



なので、お砂糖のような甘いものを、毎日必要以上に摂ることは、

避けた方が無難ですし、

歯のためにもよろしくないかと、

私は思います。

MP900431018


ということで、




犬ごはんにお砂糖は、いる?いらない?


どちらを選ぶかは、飼い主さん次第ではないでしょうか。。。






では、また明日。