いつもご訪問、ありがとうございます(#^.^#)

ラブラドールのごはん研究家の、ロンのおかぁこと、神山惠子です。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 手作りごはんへ
ぽちっとしてくれると大喜び~!(^^)!





さて、今日は犬ごはんではなく

=====
フィラリアのお話
=====

16-05-11-07-00-30-648_deco


5月10日にフィラリア検査をして陰性だったので
6月10日頃までに駆除薬を飲ませます。


ミクロフィラリア入りの蚊に刺されて
その蚊からフィラリアに感染した場合
その後、約一か月頃に幼虫が成虫になり心臓に達するらしいのです。
(心臓に達してから成虫になるのか
成虫になってから心臓に住みつくのかは分かりませんでした。)

その幼虫であるミクロフィラリアのうちに
フィラリアのお薬を飲ませる事で
体内のミクロフィラリアを駆除します。
獣医さんで頂くフィラリアのお薬は
幼虫を殺すものです。
フィラリアに感染しても、幼虫のうちに駆除しましょう
というのがフィラリア予防です。



蚊に刺される確率も
フィラリア入りの蚊に刺される確率も
フィラリアに感染する確率も
低いと思われますが、


でも、フィラリア感染症はゼロではない!!!


もしも感染してしまった場合は
心臓や肺動脈などが
フィラリアの巣になってしまうのです。
(ネットで見たことある方多いんじゃないかな)


発症した場合のリスクはやはり大きく
ゆっくり進行する場合もありますが、急死する場合もあるようです。
※須崎 フィラリア で検索してみてね(^_-)-☆


自分の子が発症した場合
自分の子の血を吸った蚊が
他の子の血を吸うと

他の子までもが感染します。

しかも、
今はそれほど発症していないといわれていても
人にも感染する可能性もあるわけです。



自分の子が感染源になることも考えた上で
フィラリア予防は重要と考えます。




では、いつ調べて
いつ投薬したらいいのでしょう




ちょっと
じらします。



というか、これから出かけちゃうので

この続きはまた明日m(__)m














美味しいは、うれしいね。

今日も完食、ありがとーー



ってか、虫のお話なのにね???




では、また明日。


第15回【愛犬・愛猫ごはん料理講座】のご案内

■日 時■ 2016 6月22日(水)14:00~16:00 時間が変更になりました
■場 所■ 光うさぎCafe
       東京都墨田区立花3-2-1
      
お申し込みはこちら → 
http://blue-dragon.mame2plus.net/item.jsp?itemCode=0000021

お問い合わせはこちら → 

【肉球クリームワークショップ】
5月30日月曜日 光うさぎCafeにて、15:00~17:00
▼お申込みはこちらから▼
http://blue-dragon.mame2plus.net/item.jsp?itemCode=0000020