いつもご訪問、ありがとうございます(#^.^#)

アレルギー改善手作り食のことならお任せください
にほんブログ村 犬ブログ アレルギー犬へ
ペット食育協会®認定 准指導士の神山惠子でございます。

今日はロンさんのお耳ケアの方法を
書き留めておきますね。

どなたかのお役にたてたら嬉しいです



にほんブログ村 犬ブログ 犬 手作りごはんへ
ぽちっとしてくれると大喜び~!(^^)!





十字靭帯断裂でお世話になった横浜の病院で
教えていただいたお耳ケアのやり方です



ロンは垂れ耳のせいか、部屋の除菌が至らないためなのか、
はたまた腎臓が不具合なのか
年に2~3回外耳炎を発症しています。

今までのケアは
消えミストをコットンに含ませて耳の中を拭いたり
乳酸菌生産エキスを薄めて耳の中を拭いたりしていました。

で、またまた
頭を振りはじめたので、今日はお薬垂らします。



=====
犬の耳って?
=====

本来犬の耳は、自分でクリーニングする仕組みがあります。


=====
耳の中では何が起きてるの?
=====

体液やホコリ等を耳の中の脂がくっ付けて
耳の外へ押し出しています。

ところが、人間が耳を掃除することで、
毛の流れとは反対に汚れを押し込んでしまいます。

刺激をすることによってさらに、脂などが分泌されます。


一方
耳の中の常在菌でもある酵母菌が増えることによって、
臭いと赤黒い耳垢が出ますが
それを掃除する際に押し込めてしまうと
悪循環に陥ります。

また、黄色ブドウ球菌も同時に常在しており
酵母菌とのバランスを保ち
ある程度黄色ブドウ球菌が酵母菌を抑えています。

その菌のバランスが崩れた際に
炎症が起きるそうです。


では、
=====
ケアは?
=====

意外にも、いじらない事が肝心だそうです
酵母菌をコントロールすることで
耳垢を貯めず清潔に保てる

その酵母菌をコントロールするためには
1~2週間に一度点耳薬が必要

とのことでした。


そこで、処方されたお薬がこちら▼
20160202 再診 点耳薬 1




普段からいじりすぎない事が重要みたいですね
何でもそうですけど
過ぎたるは及ばざるがごとし


身体はやっぱり
放っておいても治るようにできているの
お医者さんに行っても、治してくれるわけではなくて
治るように身体を整えてくれるところ(のはず)

炎症を抑えるお薬も
炎症を抑えるための物で
炎症の原因を治すものではないのよね



やっぱり身体って
ちょっとやそっとじゃ崩れないし

ちょっと傾いても
調整能力があるから基に戻ろうとする


十字靭帯断裂・・・
手術しなくても、

「身体は、一生をかけて治していくんです」

って、十字靭帯でお世話になった先生が
仰ってました。




やっぱり身体って



凄いね!!!



では、また明日。




講座・イベント・ワークショップのご案内はこちらから
バナー 講座 イベント ご案内


鹿肉が購入できるのはメルマガだけ▼
まぐまぐ版『ロンさんの、健康管理手帳』






この記事がお役にたったら是非クリックを❤▼