いつもご訪問、ありがとうございます(#^.^#)


ペット食育(R)准指導士の神山惠子です。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 手作りごはんへ
ぽちっとしてくれると大喜び~!(^^)!








今日は、

ちょっとした疑問について書いてみました。


本日のお題は

======
寒暖差のストレス
======

9月に入って、爽やかな秋の日があると思えば、午後から真夏日になったり、

時には1日中雨降りや台風の日もあり

夜は肌寒さを感じて毛布を引っ張り出すなんて日もありませんか?



私たち飼い主も、この気温差に参ってしまう方も多いのではないでしょうか。


この気温差にストレスを感じているのは、実はペットさんも同じと考えています。



家猫さんは、毛布や猫鍋、温かいテレビの上など

温かい場所でまどろむことも多いと思います。


外猫さんは、車の温かいエンジンルームや、(ボンネットコンコンしてね)

草場、段ボールの中等で他の猫さんと寄り添って温まっていると思います。


犬さんにおいては、飼い主さまがきちんと室内管理していることと思います。


寒い日は毛布を敷いてあげたり

湯たんぽや温めたペットボトルをバスタオルにくるんであげたり

また、真夏日の昼間等は室温管理と保冷グッズで対応したり

食事の面からは夏野菜の活用も出来ますね。



私たち飼い主は、夏は汗をかいて体温を下げます。

でも、ペットさんは汗をかきません。

その代わり、パンディング(はぁはぁ息を激しくする)

肺の中の水分を気化させることと、直接外気と体温を交換することで調節しています。






冬場



実は忘れがちなのが

体温をあげてあげること。



真冬に押しくらまんじゅうで汗をかくのは、運動で体温が上がるからですね。

その体温を身体の中から上げるには

何が必要なのでしょうか?




そう、

それは筋肉📷💪



お散歩やトレーニング、ドッグランやドッグプール等での運動で筋力アップして


筋肉で体温を上げることが、実はとても重要です。

更に、若い時から足腰を鍛えることで 

シニアになってからの足腰の弱りも軽減されますから

寝たきりになるリスクも減ります。



しかも、飼い主さんとお散歩することで

飼い主さんご自身も健康になれるから

一石何鳥?



飼い主さんの健康のためにも

お散歩はちゃーーんと

行きましょうね









==============================

お散歩後の、美味しいご飯

おなかがすけば

何でも美味しいものです。


普段から食の細い子は

空腹になるのに時間がかかっているのかも?


それとも食べ過ぎているのかも

知れませんね。



ちょっと、ご飯の時間を空けてみたり

食餌量を調節してみるのも

いいかもしれません。


何といっても空腹は


最良のソースですから♪







美味しいは、嬉しいね












おひとつクリック、よろしくね♪





よろしければフォローもお願いね♪