いつもご訪問、ありがとうございます(#^.^#)



アレルギー改善手作り食&靭帯強化ごはんのことならお任せください
にほんブログ村 犬ブログ アレルギー犬へ
ペット食育®指導士の神山惠子でございます。



ロンの鼻をぽちっとね!(^^)!








いつもご訪問、ありがとうございます。




本日のテーマは

=====
フードが良いの?手作りが良いの?
=====



確かに、手作りご飯の方が、フードよりもメリットが多いのは
皆さんももうご存知の事と思います。

しかし、その各ご家庭の諸事情により、フードを選ぶ場合もあると思います。

飼い主様も、愛犬愛猫の健康を考えて、ドライフードの袋の裏の表示とにらめっこしながら、
お財布ともよく相談したうえで、今のフードを選ばれている事と思います。

獣医さんとよく相談したうえでのフード選びも、その子の状態や病気との絡みも考慮しながら、
その子の健康を考えながら、愛情をかけて育てている事に変わりはありません。


それは手作りごはんも同じことで
その日その時の、我が子の状態を見て感じて、
その日その時のご飯の献立を考えていると思いますし、
それが手作りごはんの最大のメリットでもあると、いつもお伝えしています。



=====
愛情を持って育てる
=====

フードで育てても、手作りごはんで育てても
この愛情を持って育てる事に 何ら変わりはありません。

そう

どちらを選んでも 正解 
なんですね。

だから、
お互いに、相手を非難しないように
フードでもいいし、手作りでもいい
そんな立場を取っているのがペット食育協会です。



=====
だから、健康の押し売りはしない
=====

その子に合ったフードを選んでも
我が子に合った手作りごはんを作っても

その先にあるのは

健康と、幸せを願う事に変わりはありません。


健康で幸せであることを目標とした時に
その手段は
フードでも手作りでも
どちらでも構わないのだと思います。



それは、世界平和を望んだ場合も同じです。

世界平和を達成するためには
この方法がいいと強要することはすでに
そこに囚われている事と同じです。

こだわる事と、囚われることは違います。


だから、飼い主様が日々勉強し
我が子のためのこだわりを貫いてもいいのだと
私は考えています。


そう
フードでもいいし、手作りでもいい。



ということでペット食育協会では
フードのお勉強もしながら
手作りご飯のメリット、デメリットも学びます。


学んだうえで

どの方法を選ぶかは飼い主さん次第。


どちらでも、どの方法でもいい
流派に囚われず、飼い主様の選択肢を増やす

そんな学びが出来るのがAPNA
ペット食育協会です。


どちらがいいのかまだ悩んでいる方は

この際学んでみてはいかがでしょうか。







ペット食育協会准指導士・神山惠子が開催する
▼簡単な手作りご飯の講座はこちらです▼
http://ronnnookala.blog.jp/archives/1059402622.html

20152


▼ペット食育協会のHPはこちらです▼
http://www.apna.jp/

apna_logo




美味しいは、うれしいね。

今日も完食、ありがとーー





では、また明日。


========
入門講座のご案内
========
入門講座バナー


▼メルマガ登録はこちらから▼
まぐまぐ版『ロンさんの、健康管理手帳』