ロンさんの、健康管理手帳

ペット食育®准指導士の神山惠子が、我が家の愛犬ごはんを綴っています。 時間が許す限り、手づくり食を与えていますが、時にはフードになることもあります。 そのあたりは臨機応変に、飼い主様が選択すればいいのではないかと思っています。 そんなゆるゆるな犬ごはんですが、参考になればと思っています。

記念日

実の父と、義理の父二人を癌で亡くしたことから、不治の病や難病に対して疑問を持っています。
実の母も、現在難病であるパーキンソン病に苦しみ、闘病中。
癌や、難病に疑問を持つきっかけとなったのが、我が家の愛犬、『ラブラドール ロン』
彼のアレルギーを手作り食で改善したことをきっかけに、
現在ペット食育准指導士とホリスティックケア・カウンセラー
更にペット東洋医学アドバイザーとして活動中。
薬膳インストラクターの資格を活かし、東あずまのレンタルキッチン #光うさぎCafe でも
一日店長として活動中。
レイキファースト取得、アニマルレイキの修行中
ACも勉強中。

===================================

体は食べた物で出来ています。
食べた物そのもので身体は出来ているといっても過言ではありません。
それはペットも人も同じこと。
毎日のご飯を見直すことで、病気になりにくい心と体を手に入れられるなら、
そんな思いを日々、発信しています。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 手作りごはんへ





毎日のロンごはんはFbページ
『ロンさんの、健康管理手帳』にて、公開中
https://www.facebook.com/ronn.gohanndayo/





=====講座・イベントのご案内=====

最新、イベント情報▼
http://ronnnookala.blog.jp/archives/1059402622.html

お問い合わせはこちら → 


エル、また会おうね。。。



いつもご訪問、ありがとうございます(#^.^#)


大型犬の手作りごはんならお任せ♪
にほんブログ村 犬ブログ アレルギー犬へ
ペット食育協会®認定 准指導士の神山惠子でございます。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 手作りごはんへ
ぽちっとしてくれると大喜び~!(^^)!






7月の新月あたり

ロンの幼馴染がお空に還ってしまって

ちょっと淋しい思いをしています。

同じ8歳

同じ1月生まれの子

ホモトキで踏ん張っていたのだけれどね



あの子の思い出

足の速い子だったから

走る姿はまるで競走馬だったね

どんなに食べても太らない犬種だったから

飼い主様は

「貧相で~~」


と仰っていたけど

あの犬種が太ったら

たぶん、変な事になると思うけどね。


あの子は食べることに執着していなかったから

お散歩でのおやつタイムでも

あまり興味を示さなくって

だからね

毎回

私の作るおやつの試食係だったの

めったにおいしいって云ってくれなかったから

本当においしそうに食べてくれたときは

それはもう、うれしくってね


そんな私の作った『神レバー』だけは

良く食べてくれたっけ


お顔が細いから

おやつを忍ばせた私のポケットに鼻を突っ込んでね

上手に食べてたっけ


206044857_org



今頃は

お空で思う存分

迷子になることもなく

縦横無尽に走りまわっている事でしょう

206044867_org



今まで、ありがとね

またいつか逢おうね






講座・イベント・ワークショップのご案内はこちらから
バナー 講座 イベント ご案内



鹿肉が購入できるのはメルマガだけ▼
まぐまぐ版『ロンさんの、健康管理手帳』

鹿肉販売休止中です










七夕に思いをよせて

いつもご訪問、ありがとうございます(*^_^*)


今日はね、ちょっと心のデトックス

ロンの事ではないので、お時間ある方覗いてみてね




実父の事と、叔父の事を綴っておこうと思います。


21年前の7月6日

梅雨時期の雨の中、ご近所さんと井戸端していた父

家に入ると震え出し、少し熱っぽかったのかもしれません。

その夜には、母が父を病院へ運び

その晩は入院することに。



翌7月7日

当時一人暮らしをしていた私は

母から

これから肺の中にたまった水を抜く手術をするから

との連絡を受け、急いで病院へ。


病室に入った時にはすでに息はなく、

まだぬくもりの残った父の手を握り

小さなころ寝つきの悪かった私は

父の耳たぶをつまんで眠ったことを思いだし

そっと触れると

その耳たぶがまだ温かかった。。



飲み込んでいたはずのお水は胃の中へは行かず

肺に溜まってしまった

いわゆる誤嚥

その肺に溜まったお水を

喉を切ってチューブで吸い出すだけの

簡単な手術だとばかり思っていた。


当時は

家族全員医療ミスだと思い込んでいた。


原因療法の獣医さんのお話では、

誤嚥した時点で、もう限界だったのでしょう


と。。。。。


何年も何年も

胸の中に溜まった

濁った私の水を

すーーーーーーっと、抜いてくれたのは

人のお医者さんではなく

ペットのお医者さんだった。





そんなことを思い出させる

2017年7月

ある日、今現在入所している施設から連絡があり、

伯母から訃報を受ける。


母家の中心的存在の叔父、突然の出来事。


ちょっと不調で2~3日入院したそう

だが

突然、心臓が止まったのだそう。


そう

心筋梗塞






叔父とは小さいころから家同士で

お付き合いさせて頂いていたこともあって

お通夜では、懐かしい顔ぶれ。



昔の人たちは兄弟が多かったから

従妹もお孫さんも沢山いて

会食時は賑やかで

生前、飲むことが好きだった叔父らしい時間。



トラックの運転手

バスや個人タクシーと

車の運転のお仕事をされていたからか

それはとても厳しい方で。


それでもいつも

母のことを気にかけてくれていて

今でも耳に残っているのは

「惠子、お母さんのいうことよく聞いてな」

って、

父と同じ言葉を

今も耳元に聞こえています。


image


父も叔父も

同じ日に天国に行ってしまったけど、

毎年七夕には

色んな思いをよせています。

私の父は、あの雨の中の井戸端会議を

中断して家に入れば

もしかしたら、このような結果ではなかったかもしれません。


そう、

このメッセージは


もっと自分を大切に取り扱ってね♪


ということなのかもしれません。


今、頑張り過ぎている方

7月24日光うさぎで夕飯食べましょ♪








長文にお付き合い、ありがとうございます(*^_^*)











livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
▼クリック一つでどこまでも♪




▼twitter もフォローお願いね~▼
フォローお願いね♪ 犬ブログ広場 犬の手作りごはん hcced_id
banner13
いぬねこぐらし
いぬねこぐらし
Twitter ウィジェット
楽天市場
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ