いつもご訪問、ありがとうございます。

ロンさんの、健康管理手帳

ペット食育®指導士の神山惠子が、我が家の愛犬ごはんを綴っています。 キッチンに立っている時、わんこが足元で楽しそうにワクワクしながら「おかぁさん、今日のごはんはなーに?」って、それはもうキラキラなお目目でしゃべってきます。そんなお目目は まるで人の子と同じです。 そんな幸せな時間をお伝えするお仕事です。

みなとよこはま



愛犬 ラブラドールの男の子 2009年1月24日九州の延岡生まれ
砂町スナモのペットショップ出身
左後ろ足の膝十字靭帯断裂を、手作りごはんでサポート
運動療法を取り入れることと、食事・食材を見直すことで、手術をすることなく完治。
また、悩まされていた大豆アレルギーも、ドッグフードから手作り食に移行することで腸内環境が改善されアレルギーもなくなる。

食べ物は、心も身体も作っている
そんなあたりまえのことを再認識させられ、ペットも人も食事を見直せたらと、ペット食育(R)指導士に。

他にも
ペット東洋医学アドバイザー
薬膳インストラクター
腸内フローラアドバイザー
50℃洗い・低温蒸しインストラクター
ドッグソーパー
ジュニアソーパー
ホリスティックケア・カウンセラー等取得

東あずまのレンタルキッチン #光うさぎCafe でも一日店長【薬膳・雑穀の流花亭(るかてい)】として活動中。

2019年3月にお家サロン『ロンさんの、台所』主宰
愛犬・愛猫料理教室
わんこのケーキ教室
50度洗い・50度浸け、低温スチーム料理教室
人とペットの自然食料理教室も開催中

カメラ講座
瞑想会
お茶会等
各方面から優秀な講師をお招きし、セミナー等も開催

レンタルルームとしての貸し出しもしていますので
お気軽にお問い合わせ下さい。
https://ws.formzu.net/fgen/S19077432/



食以外にも興味を抱きアニマルコミュニケーターに。
レイキファースト取得、アニマルレイキ・ペットヒーリング
シルバメソッド基礎・卒業生・ウルトラコース終了
その子に合った食材とおやつのアドバイス
ケアやしつけの相談もお受けしております。


===================================

体は食べた物で出来ています。
食べた物そのもので身体は出来ているといっても過言ではありません。
それはペットも人も同じこと。
毎日のご飯を見直すことで、病気になりにくい心と体を手に入れられるなら、
そんな思いを日々、発信しています。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 手作りごはんへ





毎日のロンごはんはFbページ
『ロンさんの、健康管理手帳』にて、公開中
https://www.facebook.com/ronn.gohanndayo/





=====講座・イベントのご案内=====


▼ペット食育(R)入門講座のご案内▼
入門講座バナー APNA ペット食育協会 バナー


▼ペット食育(R)入門講座のお申し込み▼
 入門講座のお申し込み



▼お問い合わせはこちらから▼
お問い合わせ 20160413



ロンのあんよ☆前十字靭帯断裂☆その後☆ 2019年5月14日



いつもご訪問、ありがとうございます(#^.^#)

ペット食育(R)指導士の神山惠子です。



このコーナーは2015年4月 十字靭帯断裂と診断されたロンさんの
飼い主による備忘録的内容です。

もしも、どなたかのお役に立てるようでしたら
嬉しいです。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 手作りごはんへ
ぽちっとしてくれると大喜び~!(^^)!






2015年4月14日に十字靭帯断裂と云われ
地元の動物病院ではTPLOを勧められました。

手術しないと噂の横浜の先生に診て頂き
痛み止めや漢方などの投薬と
食餌や運動等で2016年8月に完治と言い渡され

今現在、温灸やマッサージ、ドッグ整体で調整しています。
もちろん、食餌も気を付けています。




================




10日ほど前に主人が、「足の裏を触れると足を引っ込めて嫌がる」といい
どこかおかしいんじゃないの?と。。
いやいや、それってくすぐったいんだってば~

そう言い放った私に翌日娘が
「ねぇ、足の裏を触れると引っ込めて嫌がってるけど、大丈夫なの?」と。。
だから、くすぐったいんじゃないの?

二人でそんなことを言い出したものだから私まで気になってしまい
触れてみると

確かに、引っ込める。
で、触れると足をぴくぴく引きつらせ、ビビビと身体を振動させる。
よく犬は、痛いと身体を振動させたりすると何かで読んだもので
すっかり、私まで「どこか痛いの?」と


あまりに気になったので早速予約を入れて
10日後に受診

二年前に完治といわれた前十字靭帯断裂左後脚の点検もかねて
あと、少しお耳が赤くなっていて、よく頭を振っていることも診てもらうことに。



IMG_8496


=====
結果
=====

靭帯はすこぶる好調♪
もっともっと使いやすくなるそうです。

足の裏は、動画でどうぞ
ちゃん、ちゃん。。。

お耳は結構酷いことになってまして
いつものお薬だけでは対処しきれず
ちょっときついお薬まで処方されました。

あんなに耳を触られるのを嫌がるのに
美味しいおやつがあると乗り越えられるのね
そんなおやつはBow-Rレバージャーキーでした。


ということで
ではでは動画でどうぞ






帰りに肉まんを買って、もちろんロンさんも一緒に
食べましたとさ
めでたし、めでたし。








ペット食育入門講座のご案内
http://ronnnookala.blog.jp/archives/1059402622.html
入門講座バナー

















ロンのあんよ、8月の診療★十字靭帯断裂★完治?



いつもご訪問、ありがとうございます(#^.^#)

ラブラドールのごはん研究家の、ロンのおかぁこと、神山惠子です。

このコーナーは2015年4月 十字靭帯断裂と診断されたロンさんの
飼い主による備忘録的内容です。

もしも、どなたかのお役に立てるようでしたら
とても嬉しいです。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 手作りごはんへ
ぽちっとしてくれると大喜び~!(^^)!





【長かった十字靭帯の治療が終了】

20160830 みなとよこはま 十字靭帯断裂 完治 2
向こうのピレさんもお膝が悪いんだって まだ二歳なんだよ、良くなりますように

やっとこさ、みなわんにお知らせする事が出来ます。

今日、横浜でお世話になっている獣医さんから、
「うん、ほぼ完治!」

と、嬉しいお言葉頂きました
ありがとうございます(o^-^o)

20160830 みなとよこはま 十字靭帯断裂 完治 1


十字靭帯断裂しても、手術しない獣医さんもいらっしゃると、
本当に世間は広いものですし、
探せば見つかる可能性もあるって事ですね。


手術しない、薬を使わず体質改善の須崎先生にも以前
「切れちゃったものはくっつかないから、手術した方がいいよ」
と、アドバイスを頂き「大学病院」を探すことに決めた矢先


ドッグ整体でお世話になっている金子由美江先生から
「横浜の方に手術しない先生がいらっしゃるらしい」
と、素敵なお言葉を頂き、

「あ、その病院、私が以前通ったことがあるー」と准指導士の三橋さんから情報を頂き。。。
今年一月から、亀戸あたりから横浜までの通院となりました。
(断裂したのは2015年4月です)



最初は二週間おきの投薬と通院。
落ち着き始めてからは一か月の通院
6月には投薬終了し二か月おいての本日の再診。



「投薬なしでこの状態なら、完治といって良いでしょう。
また何かあったら来てください。」
と、院長先生から嬉しいお言葉♪頂きました(#^.^#)


=====
手術をしないという選択
=====

今まで「十字靭帯断裂でどうして手術しないの?」
と思われた方も絶対多いはず。
実はそれにはちょっとした訳が・・・

以前、わん友さんの腰痛が酷く、結局手術することになり、
術後の経過が思わしくなく、しばらく様子を見ていると

下半身不随に近い状態

どうやら脊椎の神経を切ったのか傷つけたのか、
排泄や入浴にも支障をきたし、自由だった生活が一変してしまいましてね。
そんなこと目の当たりにしたこともあって、どうしても手術することに抵抗があり、
どの病院へ行っても、手術を渋り続けていたのです。




=====
そもそも膝の故障に気付かなかった
=====


生後6か月で去勢手術をした際に
股関節形成不全の多い犬種であるラブラドールということもあって
レントゲンを撮った結果

半分しか入っていない
3分の2しか入っていない

そんな股関節だということが発覚しました。

(当時の記憶をたどると右股関節が悪かった様に思います。)


=====
以前の院長先生の解説
=====

にもあるように
右の不具合が、左の膝に出る場合がある
とのこと

対角線上に不具合が出やすいらしいです。


=====
股関節形成不全にばかり
=====

気を取られていたことがありました。

パピーの頃にいわれていたことは
3歳頃になったら、サプリメントで補いましょう。

でも3歳の頃には食育士の資格も取っていたので
サプリメントじゃないな
と思い、
食事と運動で乗り越えていました。

3歳の頃のロンは

午前中、自転車で20~30分ほどかけて
旧中川をゆっくり走り
公園で、ボール遊びをし
お友達ともワンプロをし
また自転車で帰り
途中の公園でもう一遊びする

といった、とてつもない運動量でした。
(それぐらい運動しないと鼻息荒かったです←疲れないからうるさいったらありゃしない)

3歳の男の子のラブって
これぐらい運動が必要でした。
(うちの子だけ?)

はーー
午前中、犬三昧です。

運動量=筋肉量
ということもあって、股関節に異常や
歩行に異常が視られることもなく
すくすくと、育っていました。



5歳頃からだったと思いますが

飛びついたりした時に
きゃん!と鳴くことが一年で3回程度

気にはなっていましたが、
歩行に異常が出る事もなく
2014年1月までは正常の範囲内だったように感じます。

そして2014年1月の出来事

この後、地元の病院に連れて行くのですが
やはり膝とはいわれず
股関節形成不全の言葉しか
出てこない状態でした。

獣医も飼い主も


思い込み

でした。



(この頃にちゃんとした病院で診てもらっていたら、
また犬生も変わっていたのでしょうけど)

この頃は体重管理と運動で筋肉を付ける
という方向性だったのですが、
体重を落とす事に時間がかかり
運動はおろそかだったような気がします。
(運動しないで体重を落とすって意外と大変でした)


この後はそれほど気になる歩行不安などはなっかたと
思いますが
たぶん気が抜けていたんでしょう

2015年4月14日
ついに十字靭帯を切ってしまいました。

あちらこちらの病院では
手術を勧められ続けました

2015年6月30日から
金子由美江先生のドッグ整体で調整しながら
ゆるりと過ごした毎日

2015年8月には
伊東はなんさんにもアドバイス頂き
(というか、ロンちゃんこんな事いってるよって)

2016年1月から
横浜に通い始め8か月


ようやく、一つの着地点にたどり着いた気がします。



今回もご縁あっての結果です。
本当に心から
皆様に感謝いたします。

ありがとうございました♪






では、また明日。




最新講座やイベント情報はこちら▼
http://ronnnookala.blog.jp/archives/1059402622.html















プロフィール

神山惠子

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
レシピ提供



レシピ提供
Dr.須崎の犬ごはんの悩み相談室 /ナツメ社/須崎恭彦
外部ブログにジャンプします。
20010009784816353550_1
レシピ提供
手づくり犬ごはん エイムック 須崎恭彦獣医学博士監修
外部ブログにジャンプします。
9784777956869

カテゴリー
▼クリック一つでどこまでも♪




▼twitter もフォローお願いね~▼
フォローお願いね♪ 犬ブログ広場 犬の手作りごはん hcced_id
banner13
いぬねこぐらし
いぬねこぐらし
Twitter ウィジェット
楽天市場
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ