おはようございます。


雨の日のロンさん、お散歩は中止と相成りました。

一昨日(24日)のお散歩でぶっ飛んだロンさん、

案の定、夕方から左後脚不具合でした。

想定内なのであわてませんが、、、

image



夜になると、痛そうなので

「痛いの?」と聞くと掌に顔をうずめて甘えてくる、

こんなこと、初めてでした。


そして何より不安げな面持ちに

あまりにも不憫に思い、


ついに、

昨年、地元の病院で処方して頂いておいた、

胃薬&鎮痛剤を飲ませることに。


image

亡くなったおばあちゃんの遺言で、薬にだけは手を出すなと。。。。。




今まで、どんなに痛そうでも、痛み止めは使いませんでした。

痛み止めを使うと、痛くなくなって動き回るでしょ?

安静が必要なのに、ウロウロ動き回って回復が遅れても

困るので、、、


しかも、胃薬付きだなんて、どんだけ強い薬なんでしょ!


夜、寝かせる前に一錠の鎮痛剤と胃薬。

そして、昨日は学校が受験期間のため休校中の娘に世話を頼み、

丸一日安静に。。。


夜には痛みが消えているせいか

パパとじゃれ合い、私に一括され!

ご飯もおかわりし、

鎮痛剤なしで、寝ました。





痛み止めって、目の前の症状を消すには

便利なものですよね。

でも、目の前から不快な症状が消えてしまうと

根本原因が見えなくなってしまう

そんな落とし穴がありますよね?







そして今日、ベッドから這い出たロンさん、

おや?

普通に歩いてるじゃありませんか!


でも、まだ完治したわけじゃないので、

これから原因を探り、治療していく事になるでしょう。



周りの大型犬の股関節形成不全の手術の失敗例や

他の失敗例も数多く見ているので

私の中では外科的手術は選択肢に入っていません。


そもそも、ロンさんの脚の不具合の場所でさえ

股関節なのか、膝なのか、

も、定かではありません。



なので、原因療法のお医者様に

託そうと思います。。。









では、また明日。。。。