いつもご訪問

ありがとうございます。(#^.^#)



明日はお誕生日ということもあって

以前、書いておいたことをUPしておこうかと思います。


なぜ、私が手作り食を選択しているのかは

デメリットよりも

メリットの方が断然、多かったから。


確かに、手づくり食って、

手間がかかりますし、面倒なことも多々ありますよね。


でも、主婦も熟練してくると

手間ぬき、時短術などにも長けてくるのではないでしょうか。


今日は、私が感じているメリットの部分を書いておこうと思います。





【手作り食を実践して良かったこと】


【体臭】 

まず第一に、体臭が激減しました。

あの犬特有の臭さって、フードの臭さだったのでしょうか?

今では、マズルは昆布出汁の香り、肉球はポップコーンの香りです。


【体重】 

まだ4歳と言う事と(今現在6歳)、男の子と言う事もあり、一日の運動量は

かなりなものだと思いますが、一日二回食をたっぷり摂取しても、

ほとんど太らなくなりました。

太ったとしても食材を変えるだけで食べる量は変わらないので、

本犬には全く気付かれずにダイエットができました。


【爪の赤み】

フードジプシーをしていた頃、爪の周りが赤茶けてきたことがあります。

そう言えばいつの間にか,奇麗なピンク色の爪に戻っていました。


【うんP】

乳酸菌や納豆菌なども積極的に与えているためでしょうか、鼻をつまむほどの

酷い便臭はなくなりました。

2歳ころまでは便の状態が安定せず、お腹が弱いのは体質だとばかり

思っていました。

1歳の頃の大豆アレルギーには悩まされていましたが、2歳の検診では陰性

になりました。

お腹の状態が改善された事と、アレルギーが出なくなって良かったです。


【毛艶】

小さい頃から毛艶は良かったのですが、4歳になった今でも

つるぴかりんです。

5歳になったばかりの同犬種♂と触り比べれば、一目瞭然!

そんなところで優越感にどっぷり浸かれます。

お散歩仲間や商店街の道行くおばちゃんに、「健康そのものだね」

「毛並みがいいわね~」「お耳ツルツル~~」とほとんど毎日

お褒めの言葉を頂きます♪



手作り食を実践して良かったことは沢山ありますが、

何よりも美味しそうに食べてくれる姿に愛おしさを感じます。



そして、食後のお約束

「美味しかった?」と聞くと必ず舌をペロリンします。


あっ!そうそう、もう一つ大切な事を忘れる所でした。

なんと言っても、お財布にやさしいです!!!(←ここ大事)



20140716 健康管理手帳





















この記事は、ペット食育協会 ペット食育上級指導士の藤根悦子先生のHP犬めし亭さんからいただいております。