いつもご訪問、ありがとうございます(#^.^#)

アレルギー改善手作り食のことならお任せください
にほんブログ村 犬ブログ アレルギー犬へ
ペット食育協会®認定 准指導士の神山惠子でございます。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 手作りごはんへ
ぽちっとしてくれると大喜び~!(^^)!





わんこだって、味噌?


犬や猫のようなペットに

はたして、味噌などの塩分や発酵食品は
必要なのでしょうか?


image

鹿肉の味噌みりん浸け



確かに世間一般では、
犬や猫には塩分は必要ないといわれています。

しかしそれは本当に、正しい情報でしょうか。

総合栄養食である、ペットフード。

その商品の裏側の成分表をご覧いただけると
分かると思います。

ナトリウム

この成分が表記されているということは、
塩分が含まれていることになりますね。


そう

ドッグフードには、しっかり

塩分が含まれています。


なのに、世間では
『犬や猫には塩分は必要ない』
と、いわれています。

おかしいですよね?


実は、犬は人の3分の1程度の塩分は、

必要といわれています。


それは、塩分が0でなくてはならない

ということでは、ありません。


塩分は胃酸の原料にもなります。

私たちも同じように

適度な塩分は、食欲をそそり

食い付きも良くするといわれているのは、このためです。

image

8歳♂、去勢済、30kgの子が
一口大の味噌漬け肉を4~5切れ

腎機能を低下させるほどの塩分量でしょうか?


さらに、
お野菜やお米などには塩分は殆ど

含まれていません。

だから、動物性たんぱく質が少ない場合は

多少の塩分を追加する必要もあるのかも知れません。


もちろん、それは

その子その子の健康状態にもよります。


健康な子なら、

手作りごはんの様な十分な水分で

余分な塩分は排泄されます。



そして、

その塩を選ぶことも必要な時代が

来ているのかも知れません。



我が家では昨年から

お味噌を作りはじめました。


塩も天然塩を選びました。
(市販のお味噌の塩もどんなものかが分からないので)


過度な塩分は高血圧を招くといわれていますが、

それは、塩の種類や品質に寄るものだそうです。

身体に悪さをする塩は、

血管を傷付け、動脈硬化の原因になるともいわれています。

上質な塩は、ミネラルが豊富なので、

余分な塩分を排泄してくれるミネラルも含まれています。

カリウムとかね。



ということで

我が家ではロンのごはんにも

手前味噌を使っているという

お話でした。




image

腹減ったから、帰るよ、かーちゃんbyロン






美味しいは、うれしいね。

今日も完食、ありがとーー





では、また明日。


講座・イベント・ワークショップのご案内はこちらから
バナー 講座 イベント ご案内



鹿肉が購入できるのはメルマガだけ▼
まぐまぐ版『ロンさんの、健康管理手帳』