いつもご訪問、ありがとうございます。

ロンさんの、健康管理手帳

ペット食育®指導士の神山惠子が、我が家の愛犬ごはんを綴っています。 キッチンに立っている時、わんこが足元で楽しそうにワクワクしながら「おかぁさん、今日のごはんはなーに?」って、それはもうキラキラなお目目でしゃべってきます。そんなお目目は まるで人の子と同じです。 そんな幸せな時間をお伝えするお仕事です。

損傷



愛犬 ラブラドールの男の子 2009年1月24日九州の延岡生まれ
砂町スナモのペットショップ出身
左後ろ足の膝十字靭帯断裂を、手作りごはんでサポート
運動療法を取り入れることと、食事・食材を見直すことで、手術をすることなく完治。
また、悩まされていた大豆アレルギーも、ドッグフードから手作り食に移行することで腸内環境が改善されアレルギーもなくなる。

食べ物は、心も身体も作っている
そんなあたりまえのことを再認識させられ、ペットも人も食事を見直せたらと、ペット食育(R)指導士に。

他にも
ペット東洋医学アドバイザー
薬膳インストラクター
腸内フローラアドバイザー
50℃洗い・低温蒸しインストラクター
ドッグソーパー
ジュニアソーパー
ホリスティックケア・カウンセラー等取得

東あずまのレンタルキッチン #光うさぎCafe でも一日店長【薬膳・雑穀の流花亭(るかてい)】として活動中。

2019年3月にお家サロン『ロンさんの、台所』主宰
愛犬・愛猫料理教室
わんこのケーキ教室
50度洗い・50度浸け、低温スチーム料理教室
人とペットの自然食料理教室も開催中

カメラ講座
瞑想会
お茶会等
各方面から優秀な講師をお招きし、セミナー等も開催

レンタルルームとしての貸し出しもしていますので
お気軽にお問い合わせ下さい。
https://ws.formzu.net/fgen/S19077432/



食以外にも興味を抱きアニマルコミュニケーターに。
レイキファースト取得、アニマルレイキ・ペットヒーリング
シルバメソッド基礎・卒業生・ウルトラコース終了
その子に合った食材とおやつのアドバイス
ケアやしつけの相談もお受けしております。


===================================

体は食べた物で出来ています。
食べた物そのもので身体は出来ているといっても過言ではありません。
それはペットも人も同じこと。
毎日のご飯を見直すことで、病気になりにくい心と体を手に入れられるなら、
そんな思いを日々、発信しています。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 手作りごはんへ





毎日のロンごはんはFbページ
『ロンさんの、健康管理手帳』にて、公開中
https://www.facebook.com/ronn.gohanndayo/





=====講座・イベントのご案内=====


▼ペット食育(R)入門講座のご案内▼
入門講座バナー APNA ペット食育協会 バナー


▼ペット食育(R)入門講座のお申し込み▼
 入門講座のお申し込み



▼お問い合わせはこちらから▼
お問い合わせ 20160413



あんよ。。。2013年末~2015年5月25日



いつもご訪問、ありがとうございます(o^-^o)


我が家の愛犬

ラブラドールの男の子、6歳4か月

今日は、彼の股関節形成不全と

左後脚十字靭帯損傷の事を備忘録的に書いておきます。



=====
生後6か月
=====

まず、

生後6か月の去勢時のレントゲンでの検査では

股関節に問題があるといわれていました。

右が半分、左が2/3しかはまっていないということ。

なので、股関節形成不全が頭の中に

先入観として住みついていたのでしょう。

2009年当時、A病院では

=======
3歳頃からサプリで
=======

補って、様子を見て行きましょう

とのことでした。




======
2013年・年末
======


左後ろ足を上げてたのは

2013年の12月30日頃


ちょっと高めの所から降りた瞬間に

「キャン!」




年末ということもあって

年を越してからのY病院での受診になりました。


触診でも分からず、レントゲンでは

右股関節に異常が視られました

20140107 吉田動物病院


左右の違いが見られます。


2014年1月に診ていただいたY病院では

=========
右の股関節の形に異常がある
=========

と指摘されました。

※レントゲン写真は左右反転しています。

20140107 吉田動物病院4


左の股関節は綺麗な丸い骨

一方、右側は丸くなっていなくてはいけないものが

何だか四角っぽいし、はまり方も浅いです。

この時点では、今後進行し手術が必要になれば

Ya病院を紹介して頂けるとのことでした。




======
2014年8月
======

この日は、川遊びに行き思う存分泳ぎ

帰りは日光東照宮まで足を伸ばし、

途中から、左足をあげていました。


このあと、1か月くらい安静にし

徐々に減量

その後、運動を増やして筋肉を付けるはずでしたが。。。






======
2015年4月14日
======

image



その後

足を引きずりながらも、健気に歩いています。

こちらの病院での選択肢は3つ

1手術しない方向で、他院で考える
2外科的処置 → 人口靭帯を埋め込む手術=35~40万
3外科的処置 → TPLOという方法(骨削って、金属で固定)=50~55万


副院長先生は3を選択すべきと・・・

そうは言ってもねぇ。。。




=====
2015年5月25日
=====



手術やお薬を使わない先生から手術を勧められ

手術する方向で考えるためにも、

口コミのK病院で診ていただきました。



image



※写真は以前の物を使いました。
20140107 吉田動物病院3


この部分の形も違う、とのことでした。

(ほんと、先生によって診方が違うんですよね、色々な先生に診てもらうと

色々なご意見頂けて、選択肢が広がります。)



ただ、4月14日ほど膝のゆるみも緩和しているので、
(私の目視では、そう感じたことをお伝えしました)

3週間ほどしてから、再診して下さいとのこと。

先生のお話ですと、肉芽ができて支えているのだろうとのこと。

人口靭帯を埋め込んでも、将来的には痛みが出るだろうとのこと。


そうなると、選択肢はTPLOになりますが、




ただ、こちらの病院では

TPLOは出来ないとのことでした。

やるならYa病院しかなさそうです。

(大学病院ならできると思います。)





4月から5月の間

音叉療法やら、パイロゲン療法(療法なのか?)やら、

サポーター買ってみたりしてみましたが、

まだ何とも、言えない状態が続いています。


このサポーター、足首に落ちてきてしまうので返品決定

image

商品開発するなら、是非とも使えるものを作ってね♪




そうそう、

東洋装具医療器具製作所

というところで、サポーターやコルセットも作っているようです。

病院と提携しているので、個人では作ってもらえません。

作って頂く場合は、通っている動物病院にご相談くださいとのことでした。






これまでは

Y動物病院
Ya動物病院(ペットクリニック)
K動物病院と

3か所で診ていただきましたが、


最後の切り札

T動物病院にはまだ行っていません



だって、

星一徹みたいな院長、怖いんだもん!!!(マジで!)

行ったら即、切られるもん!(たぶん)

フード食べさせてると怒られるんだもん!(そこは平気だね)








長文に、お付き合いくださり、ありがとうございました。

これからも、どうぞよろしくお付きあい下さいませ~


続きを読む

あらら。。。。。

いつもご訪問、ありがとうございます(o^-^o)

今日は、我が家の愛犬の左後脚の不具合について

書いておこうと思います


我が家は、ラブラドールの男の子、現在6歳と2か月

パピーの頃から、お友達とガウガウ遊びに、駆けずり回り

近所の川にに飛び込んだり、プールではスプラッシュするのが大好きな

そんなアクティブなわんこです。



さて、ここからは昨日のお話



実はロンさん、昨日ボール遊び中に、

以前から不具合だった左後脚の膝を痛めてしまいました。


ロンがボールを咥えて、

ちょっとあっちに行ってみよう的に

脱走を企てようとした瞬間の出来事でした。



私から視線を外し、違う方向へ走り出し、その先には階段二段程度の段差の舞台があり、

そこに飛び乗った瞬間の出来事でした。


「キャン!!!!!キャン!!」と二度ほど鳴いて、

そのあとは左後脚は宙ぶらりんでした。


私が頭を押さえなだめながら、主人に足をチェックしてもらうと、

体重を預けてしまいました。

へたり込んだりはしませんでしたが、犬なのに顔面蒼白なのがよく分かり、

不安顔で、こっちまで泣けてきそうでした。


でも、

以前から、この状況になることは、近い将来必ずやってくると予想していたので、

チェックしていた病院へ、直行しました。


到着は3時過ぎていましたが、受診して頂けそうな雰囲気でしたので、

思わず飛びこみ、看護師さんに状況を説明。

4時まで手術とのことなので、4時以降に受診させていただきました。


あんよが宙ぶらりんでございます。
image






レントゲンと触診でほぼ

【十字靭帯断絶】

であろうとのこと。。。


やはり、数多くの症例を診ている有名な動物病院だけに、

的確な判断だと私は思っています。


実は、少し前にもネットで調べてみると、

行きつくところは十字靭帯の不具合

私の見立てとほぼ同じだったので、なるほどと納得しました。


副院長先生に診ていただきましたが、選択肢は3つ

1手術しない方向で、他院で考える
2外科的処置 → 人口靭帯を埋め込む手術
3外科的処置 → TPLOという方法(骨削って、金属で固定)





ということで、これからサイコロ投げて選ぼうと思います。






冗談はさておき




皆さんがこんな状況になった時

どれだけの選択肢がありますか?



私には、幸運にも、沢山の方々に支えられておりますので、

この場合はこの病院、この状況ならこの方、

内臓系はこの先生、歯科はこの病院

と、手詰まりにならないようなお知恵をいただいております。



日々の学びは、これほどまでに重要なのだと

つくづく、八王子は素晴らしい!!と思う出来事でした。






ドキドキロンさん
image


ドアの向こうには車で待機中のぱぱがいるんだちょ (まねっこしてみた)
image


緊張すると笑顔が出るよね?え?家だけ??
image


かぁちゃん、腹減った
image


壁に紙あり、症例報告会の様子など。。
image



image



image



あんよ、治そうね
image


靭帯損傷の手術▼
http://www.yamaguchi-pc.com/crcl.html



今現在は、痛み止めと、某動物病院のグルコサミンを摂取しています。



皆様には大変ご心配頂いて、申し訳ないくらいです。



でも、当の本犬は、食欲旺盛、お散歩行こうよ、等とアピールしまくってます。

で、イライラするせいか、段ボールに八つ当たりをし、

部屋中が産卵散乱しておりまする。








では、また明日。



プロフィール

神山惠子

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
レシピ提供



レシピ提供
Dr.須崎の犬ごはんの悩み相談室 /ナツメ社/須崎恭彦
外部ブログにジャンプします。
20010009784816353550_1
レシピ提供
手づくり犬ごはん エイムック 須崎恭彦獣医学博士監修
外部ブログにジャンプします。
9784777956869

カテゴリー
▼クリック一つでどこまでも♪




▼twitter もフォローお願いね~▼
フォローお願いね♪ 犬ブログ広場 犬の手作りごはん hcced_id
banner13
いぬねこぐらし
いぬねこぐらし
Twitter ウィジェット
楽天市場
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ