いつもご訪問、ありがとうございます(#^.^#)



アレルギー改善手作り食&靭帯強化ごはんのことならお任せください
にほんブログ村 犬ブログ アレルギー犬へ
ペット食育®指導士の神山惠子でございます。



ロンの鼻をぽちっとね!(^^)!







★犬に蹄のような硬いものはいけないって本当?★


犬に蹄のような硬いものを与えることは

犬の歯の健康維持に効果が期待できるのでしょうか?



確かに硬いものを噛むことで、ストレスの発散や脳への血流が改善され

痴呆の予防、顎の力が強くなるといったメリットもあります。



しかし、私たち人間が硬い煎餅を食べても歯は丈夫にならないのと同様、

硬いものを与えただけでは歯自体は丈夫になりませんし、

虫歯や歯周病の予防にもなりません。



むしろ硬すぎる物は歯の表面のエナメル質を傷付け

歯が欠ける、割れる、折れる場合もありますし、

折れた箇所が炎症、歯根嚢胞といった不具合に繋がる場合もあるようです。



また、硬いものを丸呑みして喉に詰まらせる、食道を傷付ける、

消化不良による嘔吐下痢といったこともあるので、注意が必要です。



そもそも犬の歯の硬度は人の歯よりも低く、60~70%といわれており

人の歯よりも犬の歯のほうが軟らかいのだそうで、歯科検診の際にも獣医師から

「蹄のような硬いもの、骨や硬いガムを与えないように」とのことでした。




18-03-13-13-20-05-022_deco

歯科専門医では著名な獣医師であり
口内ケアセミナーも多数開催されているようです。



犬は三日程で歯垢が歯石に変わるそうなので

口内除菌と乳酸菌等でケアする方法が最も良いとされています。



「うちの子、歯磨きさせてくれなくて」

と、言い訳せずに頑張って歯磨きしないと


歯周病菌は、心臓、腎臓に悪影響を及ぼすそうなので

口内環境改善しておくと、将来的には楽になる可能性もあるわけですね。



=======
犬に蹄のような硬いものは与えないほうがいい?
=======


ロンも3歳ごろまでは知らずに与えていましたが

与えてはいけないものも、食育で学ばせていただき

最近では、骨も蹄も与えなくなりました。



噛むことでストレスを軽減させるよりも

十分な運動でストレス発散するほうが寄り一層

健康的です。


運動することによって血流がよくなり

栄養も体の隅々まで送り届けられますものね。





ということで、

わんこに蹄は



止めておきましょう。







美味しいは、うれしいね。

明日も美味しく頂くために

歯磨き頑張ろう!!!







では、また明日。


========
入門講座のご案内
========
入門講座バナー


▼メルマガ登録はこちらから▼
まぐまぐ版『ロンさんの、健康管理手帳』