いつもご訪問、ありがとうございます。

ロンさんの、健康管理手帳

ペット食育®指導士の神山惠子が、我が家の愛犬ごはんを綴っています。 キッチンに立っている時、わんこが足元で楽しそうにワクワクしながら「おかぁさん、今日のごはんはなーに?」って、それはもうキラキラなお目目でしゃべってきます。そんなお目目は まるで人の子と同じです。 そんな幸せな時間をお伝えするお仕事です。

股関節形成不全



愛犬 ラブラドールの男の子 2009年1月24日九州の延岡生まれ
砂町スナモのペットショップ出身
左後ろ足の膝十字靭帯断裂を、手作りごはんでサポート
運動療法を取り入れることと、食事・食材を見直すことで、手術をすることなく完治。
また、悩まされていた大豆アレルギーも、ドッグフードから手作り食に移行することで腸内環境が改善されアレルギーもなくなる。

食べ物は、心も身体も作っている
そんなあたりまえのことを再認識させられ、ペットも人も食事を見直せたらと、ペット食育(R)指導士に。

他にも
ペット東洋医学アドバイザー
薬膳インストラクター
腸内フローラアドバイザー
50℃洗い・低温蒸しインストラクター
ドッグソーパー
ジュニアソーパー
ホリスティックケア・カウンセラー等取得

東あずまのレンタルキッチン #光うさぎCafe でも一日店長【薬膳・雑穀の流花亭(るかてい)】として活動中。

2019年3月にお家サロン『ロンさんの、台所』主宰
愛犬・愛猫料理教室
わんこのケーキ教室
50度洗い・50度浸け、低温スチーム料理教室
人とペットの自然食料理教室も開催中

カメラ講座
瞑想会
お茶会等
各方面から優秀な講師をお招きし、セミナー等も開催

レンタルルームとしての貸し出しもしていますので
お気軽にお問い合わせ下さい。
https://ws.formzu.net/fgen/S19077432/



食以外にも興味を抱きアニマルコミュニケーターに。
レイキファースト取得、アニマルレイキ・ペットヒーリング
シルバメソッド基礎・卒業生・ウルトラコース終了
その子に合った食材とおやつのアドバイス
ケアやしつけの相談もお受けしております。


===================================

体は食べた物で出来ています。
食べた物そのもので身体は出来ているといっても過言ではありません。
それはペットも人も同じこと。
毎日のご飯を見直すことで、病気になりにくい心と体を手に入れられるなら、
そんな思いを日々、発信しています。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 手作りごはんへ





毎日のロンごはんはFbページ
『ロンさんの、健康管理手帳』にて、公開中
https://www.facebook.com/ronn.gohanndayo/





=====講座・イベントのご案内=====


▼ペット食育(R)入門講座のご案内▼
入門講座バナー APNA ペット食育協会 バナー


▼ペット食育(R)入門講座のお申し込み▼
 入門講座のお申し込み



▼お問い合わせはこちらから▼
お問い合わせ 20160413



わんこだって、整体♪★ドッグ整体★1月の施術★



いつもご訪問、ありがとうございます(#^.^#)

ラブラドールのごはん研究家の、ロンのおかぁこと、神山惠子です。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 手作りごはんへ
ぽちっとしてくれると大喜び~!(^^)!





さて、今日は1月のドッグ整体の事を書いておきます。

ロンの備忘録的な記事なので書き留めておきますね、

参考になるかどうかは分かりませんが、

こんな選択肢もあるっていう事も

お伝えしておきます。



20160112 ドッグ整体 7


さて、今日で6回目?記憶も定かではございません。

でも、ロンの方も勝手知ったる店内

ドアを開けるとすんなり入り

「きたよーーー」と云った気がする。。


相変わらず、先生方のかけ声の「せーの」にドキドキしながらも、

20160112 ドッグ整体 3



机の下には隠れずに

ついには由美江先生のお膝に顎を乗せるという

何という、羨ましい事を。。。


全国の、ゆみごろうファンの皆様

ごめんちゃいね。


20160112 ドッグ整体 4


実はね。。。。。


年末ごろから、左後ろ膝の内側の骨が
少し大きくなっているようで、気になっていました。

大分重心も右に偏り、歩くときもほとんど
左足には重心を掛けない状態。


普通にお散歩する分には問題なさそうだけど、
ちょっと走ったり、ぶっ飛んだ日の夕方にはもう
左足上げっぱなしになってます。


金子先生のお話ですと
12月の施術をしなかっただけでここまで筋肉が落ちるとは考えにくい

とのことで、
26日に行く横浜の先生の所でしっかり診てもらってね
とのことでした。


20160112 ドッグ整体 2



うんうん、3本脚で歩くのは、きついよね。

今月7歳
いよいよシニアに入ろうかという時期です。

流石にパピーの頃のように、
午前中3時間とか遊びっぱなしではなくなったけど、


それでも、まだまだ遊びたい盛です。

この子にとっての一番を

選択していきたいと思っています。








金子由美江先生、泉先生

いつもロンのためにありがとうございます。

先生方の優しさが、いつも私の励みになっています。


わんこ達の笑顔は

飼い主の笑顔でもあるから

私も、出来ることを出来る限り

お手伝いしていきますね。




ロンのように、股関節形成不全や膝十字靭帯のお悩みに
少しでもお役にたてるなら
講座やワークショップの中でもお話させて頂いておりますので
お気軽にご参加くださいね。





今日も沢山の笑顔に会えますように♪















第11回【愛犬・愛猫ごはん料理講座】のご案内

■日 時■ 2016年2月18日(木)13:30~15:30
■場 所■ 光うさぎCafe
       東京都墨田区立花3-2-1
      
お申し込みはこちら → 
http://blue-dragon.mame2plus.net/item.jsp?itemCode=0000012

お問い合わせはこちら → 

【肉球クリームワークショップ】
2月6日土曜日 光うさぎCafeにて、15:00~17:00
▼お申込みはこちらから▼
http://blue-dragon.mame2plus.net/item.jsp?itemCode=0000013















わんこだって、整体♪



いつもご訪問、ありがとうございます(#^.^#)

ラブラドールのごはん研究家の、ロンのおかぁこと、神山惠子です。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 手作りごはんへ
ぽちっとしてくれると大喜び~!(^^)!




さて、今日は犬ごはんではなく

我が家の愛犬 ラブラドールの男の子 現在6歳5か月(人年齢で50歳らしい)のお話。


当時

あまりのやんちゃぶりに、藤井聡先生が「すぐに去勢しなさい!」

と、言われたので、6ヵ月になる前日に去勢済み。


その去勢手術の時に、股関節のレントゲンを撮った時の

記憶もすでに、おぼろげですが、

右の股関節は半分

左の股関節は2/3ハマっている、と言っていたような気がします。

(あれ?左右、反対のような気もします。)



当時通っていた動物病院では

3歳頃からサプリを補いましょう

と言われていましたが、、その頃にはすでに

サプリは必要ないだろうと、考えていました。


4歳頃から、どうも股関節か膝が悪そうで、

ちょっと運動しすぎると変でしたっけ。



2014年の1月 5歳
2014年の8月 5歳7か月
2015年の4月 6歳3か月

と、不具合が起き、いよいよ手術も選択肢に入ってきた今日この頃。


とりあえず


調整して頂こうと


先日、Dog整体に行ってきた時のお話です。



image


左足が、後ろに引き下がっていて

重心はすでに、右に寄っています。


座っても、左膝が曲げ辛いようで、収まりきらない。

image



痛くない、痛くしない指圧?をしていただくこと

2時間ぐらい?

最初は怖がって机の下にもぐってしまい、

先生にも机の下にもぐって頂き

施術して頂きました。

本当に、心から感謝です(#^.^#)



もう、先生の優しさには、ブログを通して身に染みていましたし、

実際、セミナー等でもお逢いしているので

存じておりました。

お逢いするたび、心が、、なんていうんでしょ

泣けちゃう、としか言いようがないの。。。




本当に、心の優しい方って

こんな方なんじゃないかしら。




でね、


終わったら、こんな感じでおネンネちゃん。


image


体中、コッチコチで、胸も肩もガジガジ。


膝も冷たいと仰ってました。




関節を、正しい位置に治して調整し、

その正しい位置で、筋肉を付けていく

という方法も、あるようです。


もしも、現在老犬で、手術をしない方向で考えるのなら


この方法も大いにありではないかと思った次第です。




色々な情報を知っておくことは

今後の治療に大いに役立つと考えています。



そのためには日々

正しい情報を、この手でつかみに出向く

ということは大事だよね


と思う今日この頃です。



金子先生、本当にありがとうございました。

また来月、お会いできることを楽しみにしております。









今日も元気で、ありがとーー





では、また明日。








あんよ。。。2013年末~2015年5月25日



いつもご訪問、ありがとうございます(o^-^o)


我が家の愛犬

ラブラドールの男の子、6歳4か月

今日は、彼の股関節形成不全と

左後脚十字靭帯損傷の事を備忘録的に書いておきます。



=====
生後6か月
=====

まず、

生後6か月の去勢時のレントゲンでの検査では

股関節に問題があるといわれていました。

右が半分、左が2/3しかはまっていないということ。

なので、股関節形成不全が頭の中に

先入観として住みついていたのでしょう。

2009年当時、A病院では

=======
3歳頃からサプリで
=======

補って、様子を見て行きましょう

とのことでした。




======
2013年・年末
======


左後ろ足を上げてたのは

2013年の12月30日頃


ちょっと高めの所から降りた瞬間に

「キャン!」




年末ということもあって

年を越してからのY病院での受診になりました。


触診でも分からず、レントゲンでは

右股関節に異常が視られました

20140107 吉田動物病院


左右の違いが見られます。


2014年1月に診ていただいたY病院では

=========
右の股関節の形に異常がある
=========

と指摘されました。

※レントゲン写真は左右反転しています。

20140107 吉田動物病院4


左の股関節は綺麗な丸い骨

一方、右側は丸くなっていなくてはいけないものが

何だか四角っぽいし、はまり方も浅いです。

この時点では、今後進行し手術が必要になれば

Ya病院を紹介して頂けるとのことでした。




======
2014年8月
======

この日は、川遊びに行き思う存分泳ぎ

帰りは日光東照宮まで足を伸ばし、

途中から、左足をあげていました。


このあと、1か月くらい安静にし

徐々に減量

その後、運動を増やして筋肉を付けるはずでしたが。。。






======
2015年4月14日
======

image



その後

足を引きずりながらも、健気に歩いています。

こちらの病院での選択肢は3つ

1手術しない方向で、他院で考える
2外科的処置 → 人口靭帯を埋め込む手術=35~40万
3外科的処置 → TPLOという方法(骨削って、金属で固定)=50~55万


副院長先生は3を選択すべきと・・・

そうは言ってもねぇ。。。




=====
2015年5月25日
=====



手術やお薬を使わない先生から手術を勧められ

手術する方向で考えるためにも、

口コミのK病院で診ていただきました。



image



※写真は以前の物を使いました。
20140107 吉田動物病院3


この部分の形も違う、とのことでした。

(ほんと、先生によって診方が違うんですよね、色々な先生に診てもらうと

色々なご意見頂けて、選択肢が広がります。)



ただ、4月14日ほど膝のゆるみも緩和しているので、
(私の目視では、そう感じたことをお伝えしました)

3週間ほどしてから、再診して下さいとのこと。

先生のお話ですと、肉芽ができて支えているのだろうとのこと。

人口靭帯を埋め込んでも、将来的には痛みが出るだろうとのこと。


そうなると、選択肢はTPLOになりますが、




ただ、こちらの病院では

TPLOは出来ないとのことでした。

やるならYa病院しかなさそうです。

(大学病院ならできると思います。)





4月から5月の間

音叉療法やら、パイロゲン療法(療法なのか?)やら、

サポーター買ってみたりしてみましたが、

まだ何とも、言えない状態が続いています。


このサポーター、足首に落ちてきてしまうので返品決定

image

商品開発するなら、是非とも使えるものを作ってね♪




そうそう、

東洋装具医療器具製作所

というところで、サポーターやコルセットも作っているようです。

病院と提携しているので、個人では作ってもらえません。

作って頂く場合は、通っている動物病院にご相談くださいとのことでした。






これまでは

Y動物病院
Ya動物病院(ペットクリニック)
K動物病院と

3か所で診ていただきましたが、


最後の切り札

T動物病院にはまだ行っていません



だって、

星一徹みたいな院長、怖いんだもん!!!(マジで!)

行ったら即、切られるもん!(たぶん)

フード食べさせてると怒られるんだもん!(そこは平気だね)








長文に、お付き合いくださり、ありがとうございました。

これからも、どうぞよろしくお付きあい下さいませ~


続きを読む

十字靭帯断裂までの道のり

いつもご訪問、ありがとうございます(o^-^o)


ロンの十字靭帯断裂に関しての備忘録的書記です。

Fbページ『ロンさんの、健康管理手帳』のノートをまとめました。

もしもどなたかのお役にたてるなら、お読みいただけると嬉しいです。




========
股関節形成不全
========


2009年6月(生後5か月最後の日)

去勢時にレントゲンで股関節形成不全が発覚

右後ろ足 半分

左後ろ脚 3分の2

外れているとの事(かなり記憶もおぼろげですが・・・)



ここ数か月は高岡まちこ先生のメルマガを参考に(2014年)

関節の状態を毎日チェック




2012~2013年(3~4歳頃)

よく、大好きな犬友達には飛びついていました。

飛びついた時に前足をもたれ

ダンスするような形にされた時

何度かきゃん!!っと鳴いた事がありました

あれは腰・膝に激痛が走ったのではないいかと

今では考えられます。


当時は、何か踏んだのかと思い

足の裏などを念入りに看ても

何もなかったのを記憶しています。






2013年12月31日

主人が荒川に連れ出し、川に飛び込まれる。

帰宅後、犬洗濯後、テンション上がって暴れる。

午後8時ごろ、キッチンに歩み寄るがなんとなく歩き方に違和感を感じる。

左後脚、歩行に違和感、腰側ではなく腹側に手をやると嫌そうな顔

脚の付け根を強めに押すと、腹が痙攣する。

その後は異常を認めず、安堵する。



2014年1月2日

歩いていつもの公園へ

サンストまでお散歩、帰りはいつものように、堤防にジャンプ

私の肩と同じ高さに顔が来るので、

四肢や、頭の振り方など、全身をくまなくチェックが日課。

80cmくらいの高さから降りた瞬間

「キャン!」

1560681_542713372491490_309292895_n




何か踏んだか?

目をやると、左後脚付けず、足が上がったままだ

しばらく痛そうな、困ったような表情

1~2分、抱きしめてみる。

ようやく足を地に付け、ゆっくりと歩み始める。

家のすぐそばでの出来事だったので、何とか到着。

2Fへの階段も嫌がらずに登りきる。

バケツにぬるま湯を張り、足を洗うも問題なさそう。

要観察

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



=====
20140102ブログ記事より
=====

年始早々

どうもロンさん
股関節の塩梅が悪いらしいのです。。。

Fbのノートにも備忘録的に書いておきましたが

大晦日に荒川に飛び込み (おばか!)

洗濯後、大暴れ (室内フローリングだし・・・滝汗・・

夕飯時に左後脚に違和感(そんな歩き方だっけ?)

その後は落ち着いていましたが

明けて1月2日

お散歩の帰り道

うちのすぐそばの堤防の上から飛び降りた瞬間日課

「キャン!!!」


見たら左後脚、地面に付いてない!

しばらく様子を見ていたら落ち着きましたが、

一時は、このまま歩けなくなったらどうしようと

本気で思いました。。。

お正月のバタバタが落ち着いたら

よしだタロさんの病院に行って来ようと思います。。。

↑アメブロで【タロ記】http://ameblo.jp/yoshida-vet/






=====
20140108
=====

本日はロンさんの近況報告~~その2

【ロンさんの股関節形成不全と体重管理】

今まで、何もなかったことの方が不思議なくらいなのかもしれません。


2014年1月2日に左後脚、ぶらっとなって、早一週間

その間、何事もなかったかのように、普通にお散歩してました。


昨日(1月8日)はパパがお休みだだったので、病院に付き合ってもらい

レントゲンも撮ってもらいました。

触診では何の異常も認められなかったので、とりあえずレントゲンを撮ることに・・・

結果はびっくり

左の股関節に異常は認められず、とってもきれいな凹凸でした。

右も凹凸の入り方は正常でした。


ただ・・・

右の凸の方の形が、丸くなくてはいけないものが

なんとなく四角いんです。


20140107 吉田動物病院


20140107 吉田動物病院4



なんでしょね?





ここでいろいろ考えられることを先生に質問してみました。


まず、奇形は考えられないのか?

とお聞きしても、これは何とも判断できないでしょう


次に、運動のし過ぎで(小松川まで自転車走など)骨が削れる場合があるのか?

その程度の運動では、あまり考えられない。

とにかく、今の時点では何とも言えないので

痛みどめと、胃薬を処方していただき

要観察と言う事になりました。(院長所見)

手術になるような場合も、大島の病院を紹介してくださると言う事ですので

頭の中に、入れておきました。


結局は、運動で筋肉を付けて、関節周りを強化していくわけですが、

今の体重35Kgでは、関節に負担がかかってしまうので

体重を落としましょう。との事でした。




=======
2015年4月14日
=======


体重もそろそろ落ち着き始めたある日

この日は雨の中

主人のお休みもあって

高架下でボール遊びをしていました。

椅子ほどの高さのところを飛び乗った瞬間

「ギャン!!!!!」

と言ったまま、左足を上げたままになってしまいました

====
とうとうこの日が来たか
====

と、瞬間思いました。

主人が腰や足を看ていると

左の足の付け根が痛そうだと・・


そのまま乗って来た車で

この日が来たらここに行こうと決めていた

大島の整形専門医に直行したのです。



診察時間まで、3~40分

ハラハラしながら待っていたのを今でも覚えています


この日の記事はこちら→


この日から

十字靭帯断裂との付き合いが始まったのでした。
=====







講座・イベント・ワークショップのご案内はこちらから
バナー 講座 イベント ご案内



まぐまぐ版 『ロンさんの、健康管理手帳』▼
まぐまぐ版『ロンさんの、健康管理手帳』
プロフィール

神山惠子

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
レシピ提供



レシピ提供
Dr.須崎の犬ごはんの悩み相談室 /ナツメ社/須崎恭彦
外部ブログにジャンプします。
20010009784816353550_1
レシピ提供
手づくり犬ごはん エイムック 須崎恭彦獣医学博士監修
外部ブログにジャンプします。
9784777956869

カテゴリー
▼クリック一つでどこまでも♪




▼twitter もフォローお願いね~▼
フォローお願いね♪ 犬ブログ広場 犬の手作りごはん hcced_id
banner13
いぬねこぐらし
いぬねこぐらし
Twitter ウィジェット
楽天市場
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ