いつもご訪問、ありがとうございます(#^.^#)

ラブラドールのごはん研究家の、ロンのおかぁこと、神山惠子です。

このコーナーは2015年4月 十字靭帯断裂と診断されたロンさんの
飼い主による備忘録的内容です。

もしも、どなたかのお役に立てるようでしたら
とても嬉しいです。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 手作りごはんへ
ぽちっとしてくれると大喜び~!(^^)!





【長かった十字靭帯の治療が終了】

20160830 みなとよこはま 十字靭帯断裂 完治 2
向こうのピレさんもお膝が悪いんだって まだ二歳なんだよ、良くなりますように

やっとこさ、みなわんにお知らせする事が出来ます。

今日、横浜でお世話になっている獣医さんから、
「うん、ほぼ完治!」

と、嬉しいお言葉頂きました
ありがとうございます(o^-^o)

20160830 みなとよこはま 十字靭帯断裂 完治 1


十字靭帯断裂しても、手術しない獣医さんもいらっしゃると、
本当に世間は広いものですし、
探せば見つかる可能性もあるって事ですね。


手術しない、薬を使わず体質改善の須崎先生にも以前
「切れちゃったものはくっつかないから、手術した方がいいよ」
と、アドバイスを頂き「大学病院」を探すことに決めた矢先


ドッグ整体でお世話になっている金子由美江先生から
「横浜の方に手術しない先生がいらっしゃるらしい」
と、素敵なお言葉を頂き、

「あ、その病院、私が以前通ったことがあるー」と准指導士の三橋さんから情報を頂き。。。
今年一月から、亀戸あたりから横浜までの通院となりました。
(断裂したのは2015年4月です)



最初は二週間おきの投薬と通院。
落ち着き始めてからは一か月の通院
6月には投薬終了し二か月おいての本日の再診。



「投薬なしでこの状態なら、完治といって良いでしょう。
また何かあったら来てください。」
と、院長先生から嬉しいお言葉♪頂きました(#^.^#)


=====
手術をしないという選択
=====

今まで「十字靭帯断裂でどうして手術しないの?」
と思われた方も絶対多いはず。
実はそれにはちょっとした訳が・・・

以前、わん友さんの腰痛が酷く、結局手術することになり、
術後の経過が思わしくなく、しばらく様子を見ていると

下半身不随に近い状態

どうやら脊椎の神経を切ったのか傷つけたのか、
排泄や入浴にも支障をきたし、自由だった生活が一変してしまいましてね。
そんなこと目の当たりにしたこともあって、どうしても手術することに抵抗があり、
どの病院へ行っても、手術を渋り続けていたのです。




=====
そもそも膝の故障に気付かなかった
=====


生後6か月で去勢手術をした際に
股関節形成不全の多い犬種であるラブラドールということもあって
レントゲンを撮った結果

半分しか入っていない
3分の2しか入っていない

そんな股関節だということが発覚しました。

(当時の記憶をたどると右股関節が悪かった様に思います。)


=====
以前の院長先生の解説
=====

にもあるように
右の不具合が、左の膝に出る場合がある
とのこと

対角線上に不具合が出やすいらしいです。


=====
股関節形成不全にばかり
=====

気を取られていたことがありました。

パピーの頃にいわれていたことは
3歳頃になったら、サプリメントで補いましょう。

でも3歳の頃には食育士の資格も取っていたので
サプリメントじゃないな
と思い、
食事と運動で乗り越えていました。

3歳の頃のロンは

午前中、自転車で20~30分ほどかけて
旧中川をゆっくり走り
公園で、ボール遊びをし
お友達ともワンプロをし
また自転車で帰り
途中の公園でもう一遊びする

といった、とてつもない運動量でした。
(それぐらい運動しないと鼻息荒かったです←疲れないからうるさいったらありゃしない)

3歳の男の子のラブって
これぐらい運動が必要でした。
(うちの子だけ?)

はーー
午前中、犬三昧です。

運動量=筋肉量
ということもあって、股関節に異常や
歩行に異常が視られることもなく
すくすくと、育っていました。



5歳頃からだったと思いますが

飛びついたりした時に
きゃん!と鳴くことが一年で3回程度

気にはなっていましたが、
歩行に異常が出る事もなく
2014年1月までは正常の範囲内だったように感じます。

そして2014年1月の出来事

この後、地元の病院に連れて行くのですが
やはり膝とはいわれず
股関節形成不全の言葉しか
出てこない状態でした。

獣医も飼い主も


思い込み

でした。



(この頃にちゃんとした病院で診てもらっていたら、
また犬生も変わっていたのでしょうけど)

この頃は体重管理と運動で筋肉を付ける
という方向性だったのですが、
体重を落とす事に時間がかかり
運動はおろそかだったような気がします。
(運動しないで体重を落とすって意外と大変でした)


この後はそれほど気になる歩行不安などはなっかたと
思いますが
たぶん気が抜けていたんでしょう

2015年4月14日
ついに十字靭帯を切ってしまいました。

あちらこちらの病院では
手術を勧められ続けました

2015年6月30日から
金子由美江先生のドッグ整体で調整しながら
ゆるりと過ごした毎日

2015年8月には
伊東はなんさんにもアドバイス頂き
(というか、ロンちゃんこんな事いってるよって)

2016年1月から
横浜に通い始め8か月


ようやく、一つの着地点にたどり着いた気がします。



今回もご縁あっての結果です。
本当に心から
皆様に感謝いたします。

ありがとうございました♪






では、また明日。




最新講座やイベント情報はこちら▼
http://ronnnookala.blog.jp/archives/1059402622.html